京つう

  日記/くらし/一般  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


【社会的な活動】地震の被災地を緊急支援(Yahoo!ボランティア)
Google東北地方太平洋沖地震 災害情報ページ
【東北地方太平洋沖地震】通信各社の災害用伝言板
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2018年11月22日

藤田嗣治展



久しぶりに近代美術館に行ってきました!

藤田嗣治の間近で作品を観たのは初めてでしたが、
時代と共に作風が変わっていってて興味深かったです。

日本でも外国でも何度も戦争を経験して、その時代に海外で生活するというのはどんなことなのか私には想像できませんが、数々の作品が残っているのはすごいことに思います。

それにしても、画家という人は恋多き人が多い気がしますね。
やはり、感受性が豊かな芸術家は魅力的な人が多いのでしょうか。

あと、作品の額がとても素晴らしかったのも印象的でした。

秋の気持ちいいお天気の中、とても良い時間を過ごしました♪


同じカテゴリー(美術・芸術(映画・美術館etc・・・))の記事画像
東光寺アートフェスタ
映画「犬ヶ島」
muro式.10
UTAGE
映画「キングスマン」
地獄絵ワンダーランド
同じカテゴリー(美術・芸術(映画・美術館etc・・・))の記事
 東光寺アートフェスタ (2018-09-29 11:11)
 映画「犬ヶ島」 (2018-06-09 12:33)
 muro式.10 (2018-05-18 13:03)
 UTAGE (2018-05-11 10:42)
 映画「キングスマン」 (2018-01-31 12:24)
 地獄絵ワンダーランド (2017-11-17 14:39)

この記事へのコメント
芸術の秋、もいいですね。やはり時代や年齢によって周りから受ける影響などが作風にも反映されるのかもしれませんね。
山崎
Posted by guildguild at 2018年11月22日 20:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。